チョッパーは、ワンピースの登場キャラクターの中で一番印象に残りやすい存在ではないでしょうか。
可愛らしい見た目や行動に心奪われるファンも少なくないかと思います。

チョッパーに関する基本情報からストーリーの中で繰り広げられる技まで、
チョッパーという存在の可愛さに、まだ気づけていない方に向けて少しでも魅力が伝わるよう紹介したいと思います。

トニートニー・チョッパーは、ワンピースの主人公モンキー・D・ルフィの6人目の仲間です。物語に登場する海賊団麦わらの一味の船医であるチョッパーは、医学の知識があり、「万能薬(=何でも治せる医者)」になることが夢であるといいます。
わたあめ大好きチョッパーという別名があり、好きな食べ物は、わたあめ・チョコレートなど甘いもの全般です。
悪魔の実のヒトヒトの実を食べた人間トナカイであるチョッパーは、物語の中でもどうして人間の言葉を話せるんだ?と疑問を持たれる不思議な存在です。
その不思議な存在であり、現実では絶対に出会うことができないというところがファンのチョッパー愛を加速させているのではないでしょうか。

可愛くて夢のある存在のチョッパーですが、戦闘時にはあらゆる技を繰り出して、仲間を支えているのです。

診断(スコープ)という頭脳強化での技があります。目の前でヒヅメを合わせるように構え、その中から相手を覗き込み、相手の能力や特性、周囲の状況、自分の能力など様々な情報から相手の弱点を分析するという技です。しかし弱点を正確に突いてもそれが必ず決定打になるとは限らないのです。

腕力強化での技で、刻蹄(こくてい)『桜』(ロゼオ)があります。物語の中で一番最初に使われた技で、チョッパーを代表する技でもあります。岩をも砕くヒヅメを渾身の力で叩き込むというもので、クリーンヒットした相手には桜の花びらを思わせるヒヅメの跡が刻印されます。桜の花びら以外にも、『十字架』(クロス)、『桜吹雪』(ロゼオミチエーリ)さらに『ひし形』(ダイヤモンド)などの様々な刻蹄が存在しています。

他にもチョッパーならではの技が繰り広げられているシーンがあります。
可愛らしいマスコット的な存在のチョッパーは、とても頼れる存在というギャップがあることを知って、ますますチョッパーの魅力の虜になってしまうのではないでしょうか。
今後、原作やアニメでのチョッパーの動きや発言、さらに繰り出す技まで
さらに活躍していくチョッパーに注目してみましょう!